パンチのあるタイトルになってしまいましたが、実際にそういう言葉をかけてもらったのでそれに対する想いを書こうと思います。     仕事をし、対価を得る上でぼくたちは「1個」や「1時間…