事実、ぼくの短足人生はここからはじまっているのだ。   そうね、カルテットも終わっちゃって、ぼくを支えるものがなくなってきています、alnicoTOKYO代表・澤田恭平です。 …