髪に対するモチベーション。

美容室にいくためのモチベーション。

 

必ずポジティブな要素とネガティブな要素が同居していてその「なにか」を解決したくてお気に入りの美容室にいったり、新たに探したりするんだ。

 

 

その中でもネガティブに考えやすいのは「髪質問題」

 

特に「くせ毛」

 

 

 

 

 

くせ毛を「伸ばす」という選択肢

 

 

 

割と昔から好きなんですよね、縮毛矯正。

 

この2年間特に、縮毛うまい皆さんと交流できたおかげでより良いものが提供できるようになったかな!とかおもってみたり。

 

 

でもストレートは嫌なんだよね、クセを活かしたいんだよね。という方もいます。

 

・ストレートをかけることで伸びた根元のクセがより気になる。

・結局ブローがめんどくさい、ありのままで可愛くいたい。

 

 

そんなあなたにはくせ毛を「活かす」という選択肢を

 

そのクセがいい感じで、似合っていようとその本人が「イヤなものはイヤ!」と思うのならストレートをおすすめしますが、やはりぼくが得意なのは「人に似合わせるカット」なのです。

 

 

 

 

View this post on Instagram

 

カットでできることのひとつに「セットの手数を減らす」ということがある。 くせっ毛だって楽しく、ラクになる。 どうせかわいいってなるならラクがいいよ! . カットにメッセージを。 ——————————- HAIR/PHOTO by me ——————————- #alnicoTOKYO #原宿の隠れ家美容室 #オトナ女子  #オトナカワイイ #cut #hairdesign  #くせ毛風パーマ #くせっ毛#bangs #bangstokyo #ハイライト #エヌドット #N. #hairmake#harajyuku #原宿 #ヘアメイク #撮影 #サロンモデル #撮影モデル募集 #サロンモデル募集

澤田恭平/alnicoTOKYO代表/ヘアデザイナーさん(@kyohei_alnicotokyo)がシェアした投稿 –

 

ブローなし、乾かしてエヌドットもみ込むだけ。

 

 

クセとの向き合い方は人それぞれです。

なので「伸ばして何もしないでラクがいい」人も「伸ばさないで何もしないでラクがいい」人もちゃんとプランをご用意しております。

 

 

毎日髪と向き合うのだから、カットやパーマ、ストレートを駆使してあなたの手数を減らしてあげたい。

カンタンかわいいをあなたに。