2015/06/10
 Posted by 澤田恭平
0

美容室と美容師とお客様の今後のあり方

美容師意見交流会の2次会は魚が食べたい大衆居酒屋。

(通称飲みーティング。)

 

 

こんにちは、昨日食べてしまったラーメンに罪悪感、恭平です。

 

上の画像は愛すべき先輩二人(オッサン)が初めましてで電話番号を交換する図です。

 

とある会社さん主催の美容師意見交換会に参加してきました。

 

不平不満をいう会(笑)といっても過言ではないのですがw

 

”この美容業界のために”と動いてくださっている方々がいることに感謝すると共に、当然現場の我々が動かなければいけないと思った。

 

一緒に参加した僕の美容人生でも外せない2名の先輩。

東高円寺midoriオーナー杉本氏代官山michelオーナー中渡瀬氏

 

すごく尊敬する先輩で、つい全開甘えん坊きょーへーが発動してしまう数少ない方々です。

IMG_1893.JPG

 

 

我々の会話がブレストされていく。

IMG_1894.JPGIMG_1895.JPG

まー本当に盛り上がった笑

本当にステキな方々が集まった会で、ものすごく勉強になりました。

 

 

「ホンモノ」?「ニセモノ」?

 

 

今本当に情報過多な時代で、「ホンモノ」を探すことすら困難な状況です。

そして何が果たして「ホンモノ」なのでしょうか??

当然皆が「自分たちは当然ホンモノ」であると思っているはず。

正解は人が決め、未来がジャッジするはず。「ホンモノ」は必ず残るし、繁栄する。

 

少なくとも美容師達が、美容室同士が自分を守るために互いをけなし合う時代でもなく、漠然とだけど手を取り合って発展させていけないものだろうかと考えてもみて。

 

純粋にもっとうまくなりたいし、たくさんの方をキレイに、カッコよくしたいってただそれだけなんですよ。

 

僕個人の考えは世界中の人を美容師としてシアワセにしたい。。。なんておこがましくてまだまだ全然言えなくて。

 

美容師としてシアワセにしたい人、キレイにしてあげたい人は目の前にいるあなた。その数をもっと増やしたい。たくさん、たくさん。

もっと、どろどろな、ズブズブな関係でいたいのよ。
まるで俺たちなしでは生きてはいけないくらいな。

 

 

 

 

 

 

熱だけは負けない。

 

alnicoTOKYO

03-5772-3528

 

 

Leave a comment

Please wait...