2016/10/27
 Posted by 澤田恭平
0

サッカーから学ぶ仕事との向き合い方

覚えていた「手紙」

あれはたしか1996年だったとおもう

「ラモス ヴェルディ退団!引退か!?」

 

引退にはまだまだ早い

そう思い、当時CMなどを手がける監督に1通の手紙を託した

 

「引退しないでほしい、続けてほしい 僕がプロになるまで」

 

結局プロにもなれず、そこそこにボールを蹴って満足する大人になってしまった

 

そんな大昔に書いた手紙のことを話したら覚えててくれた

 

気遣いでもうれしかった

 

そんなラモス瑠偉さんの言葉は、まんま美容師に当てはなるんじゃないだろうか?

 

 

img_5609

 

世界に出たら、ハートのあるやつじゃなきゃ生き残れない。

 

世界=美容師の世界と捉えるなら、やはり「絶対に売れるんだ」というハートがなかったら生き残れない

 

仕事のない美容師は、ただの人である

 

だからどんどん発信しよう  情熱を持って

 

テクニックは人から教わることができる。
でも、ハートは自分で鍛えるしかない。

 

結局これ

テクニックも大切だけど、「あなたをキレイにするんだ」という覚悟と責任は自分で生み、鍛えるしかない

 

それが伝わるから、支持される美容師になれるんだって信じてる

 

日本を、日本サッカーをナメられることは、オレ自身がナメられることと同じなんだ。そんなの許せないよ

 

そうそう、サッカー好きだからこそそう思う

 

けどね、日本=自分の所属する店  日本サッカー=スタッフ  =オレ

 

という解釈

 

もしも舐められるなら許さん  だからもっともっと気合い入れていきたいよね

チームになろう

 

 

 

 

まさお、Jリーグカレーよ

Leave a comment

Please wait...