2016/04/21
 Posted by 澤田恭平
0

「今できること」を「どこ」で「何をするか」

レイ君(3)、今日もバッチリカットさせてくれます、きょうへいです。

おでこの絆創膏は、男の勲章。ぼくも泣かない強さがほしいな。いつもありがとう。

 

 

 

この度4月14日発生した熊本地震、被災された方へ心からお悔やみとお見舞い申し上げます。また、一日も早く復旧を果たされることを願うと同時に、被災された皆様が
平穏な日々を取り戻せるよう お祈り申し上げます。

 

 

 

熊本地震で今できること

 

 

 

alnicoTOKYOではスタッフ3名で少額ではございますが熊本県ホームページ上の義援金募集で寄付させていただきました。

 

 

 

 

 

 

SNS上や、各種報道にて団体名義、個人で支援活動をされている方もいらっしゃいます。

 

その中で「個人名義の銀行口座」に募金、義援金を募り活動している方もいて、実際寄付のお願いをされましたが一切のお断りをさせていただいております。

 

いろいろな意見があるとは思うのですが、特に美容室内での営業で募金活動等は行いません。

 

ただ、何らかの形で支援、呼びかけ等はすべきであると判断しこのブログを執筆しています。

 

 

 

 

 

「今できること」を「どこ」で「何をするか」

 

 

 

 

5年前の東日本大震災、東京にいた私たちでさえ大混乱になり、美容室の営業もままならない、出勤すらできない日が続きました。

 

熊本の美容師さんのお話ですと、サロン営業再開のめどが立っていない状況でボランティアでのカットをしている方もいます。

 

ぼくたちの職業は「平和」と「安全」が当たり前の状態で、かつ「美を楽しむ心」があるからこそ成り立つ職業です。

 

そのことに感謝し、いまできる僕たちなりの復興支援ができればと思います。

 

また復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

 

 

alnicoTOKYO

 

澤田恭平・黒沢和哉・大畑圭一

 

 

 

 

Leave a comment

Please wait...