こんにちわ、みなさまお元気でしょうか??きょうへいです。

 

沖縄のこともロクに書き切ってはいませんが。。。笑

 

 

ほんとうにウラヤマシイできごとがありました。

 

僕自身、生まれ育った街が近いこともあり、学生時代の友人たちが今もなお数多く髪を切りに来てくれて、ほんとうにうれしいのです。

 

またそれは「売れる」というスタイリストなりたての頃では大きなアドバンテージになったことも事実。

 

また「友達だから」という単純な理由だけでは続けてきてくれるわけでもない。

美容師としての技術、接客業としてのホスピタリティーがなければ来なくなる。

友達だからこそ「こうあるべき」と伝えてくれたり、言わずとも伝わるメッセージを投げてくれたり、

 

”友達からお金をいただき技術・サービスを提供する”

っていうことは最高の楽しみであると同時にとてつもないプレッシャーに襲われているといことでもあります。

 

(とてもじゃないけど気楽じゃない笑)

 

そんな中、入社半年の(まだそんなもんか??)黒澤和哉は埼玉県秩父出身。

 

心が叫びたがってるんだ

の舞台になってることで最近は有名。正直羨ましい。

耳をすませばの舞台で有名な聖蹟桜ケ丘も良い街。

(あーどうせおれの地元千葉県松戸市はヤンキー漫画の舞台にしかなってないし。。。)

 

11863361_686144958152872_8720590280042787822_n

 

けっして近くない、けれど遠くない地元から来てくれた友人を、心をこめてカットしていた姿を僕は見ていました。

またもっとうまくなりたいと必死に今もなお練習し自分と向き合っていることを僕は知っています。

 

 

「この髪型で生きるのが楽しみです」

 

この言葉を言われた和哉。

 

本当に誇りに思います。

本当にうらやましく思います。

もはや嫉妬です。

 

 

自慢のスタッフであり、これからのalnicoTOKYOの将来である黒澤和哉、

 

新規指名の方は

 

こちらから!!