2017/06/16
 Posted by 澤田恭平
0

最近のヘアカラー商材ブームに関することとぼくたちの考え

きょうへいです。

 

 

ヘアスタイルチェンジ✂︎Hair&PHOTO:@kazuya_kurosawa #alnicotokyo #原宿の隠れ家美容室alnicotokyo #kurosawahair #メンズカット #メンズショート

澤田恭平/alnicoTOKYO代表/ヘアデザイナーさん(@kyohei_alnicotokyo)がシェアした投稿 –

 

短い髪も慣れてきました。

 

ここ数年ムーブメントを起こしている「ブランドヘアカラー剤」について思うことがある。

 


カラー剤が進化してきたおかげで本当に表現方法が広がってきた。でもなんか違和感があるのぼく


 

すっかり世間に浸透したブランドヘアカラー商材。

 

 

 

お世話になっています。

 

 

ほんとにいろいろと幅が広がってきた。

 

だからこそさらに我々が進化していかなきゃと強く思っとります。

 

カラー剤を選ぶ「技術」と「似合わせ」

以前のブログにも書きましたが、あくまで

 

カラー剤はあくまで「なりたい色」を作る道具にすぎない。あなたの「最高の髪色」をつくるのはぼくたちなんだよ。

 

ということ。

 

商材を選ぶ→髪に対して薬剤選定→施術・仕上がり  

 

ここがプロの見せ所であるはず。

 

なんだけどここ最近の美容室の広告をみてみると

 

カット・イルミナカラー・トリートメント ¥0.000!

 

みたいな。

 

なんか商材に振り回されてるような違和感を感じちゃう。

 

否定じゃないよ、違和感。

 

ぼくらの仕事はこれら各メーカー、ブランドを熟知した上で「最適」を提供することだよね。

 

それ以上にそのお客様に対してどれだけ向き合えるか、知っているか。

 

同じ「アッシュ」でもメーカーによっても全然違うし、髪質によっても全く出方は変わってくる。

 

同じアッシュでも「似合わせ」という技術が必要なんだ。

 

どれだけ人を見て、その人の「なりたい」をキャッチできるか

 

これしかない。

 

alnicoTOKYOに通ってくれてる皆様にはもっともっとよい「最適」と「イイイロ」を提供できるようにしていきたいな。

 

 

 

 

Leave a comment

Please wait...