2014/08/29
 Posted by 澤田恭平
0

ケイゾクはチカラナリ ヘアケアのこと

こんにちは、わくわくしています、きょうへいです。

 

_MG_0953

はやく沖縄に遊びにいきたいんだよ!!!

お店を9/7(日)~9/9(火)閉め、「社員研修」の旅に行ってきます。

あー、心苦しいです。。。。

 

今日の話は

ケイゾク について

 

_MG_2999

 

たとえば、

毎日ただ野球の練習をすることによってイチローになれるでしょうか?

毎日ただサッカーを練習してメッシやC・ロナウドになれるでしょうか??

毎日ただ好きだ好きだ!!とあの子に電話やメールをしたら彼女になれるでしょうか???

 

A.0じゃない。しかし可能性は低いのである。

 

なぜかというと、「ただやっている」から

ケイゾクすることすらものすごくむずかしいのにさらに「質」を求められるわけです一流は。

 

スポーツの話でいうとぼくもきっと「ただ」やっていたのでしょう。

ついにアギーレからも召集かからずサッカー日本代表を引退する所存です。

 

そしていま時は経ち、美容師となっています。

そこで皆がぶつかっているひとつの「ケイゾク」にヒトコト。

 

みなさんに聞きたい。

ヘアケア、「ただ」やってませんか??

やってないとはいいません。きっとやっているでしょう。

 

「すごく傷んでるんでトリートメントしてほしい~。

でも毎日トリートメント自分でやってるんだけどな~~~~~~。」

(新規でのお客様のうち7割は言います、これ)

 

はいきました。そしてこの言葉をいう方のさらに7割は

なにをやってきても効果がないから
ダメージに対して半ばあきらめているような気がする。

 

それはきっと継続に「時間」「コスト」がかかるから。

美容室で購入できるトリートメントやシャンプーはたしかに量販店と比べ高いのは事実です。

美容室でシャンプーなどの商品を購入する方は約25%。

残りの75%の方は量販店でだそうです。

しかしプロの目線で普通に考えてしまうのは

全く意味のないものにお金をかけるのはいかがなものか

となるわけです。

毎日使うものだからこそ、

価値あるものを効果的に使う

が重要なんじゃないかとおもってます。

状態確認(どのようなダメージが出ているか。それによってどのような症状なのか)

→希望確認(状態を踏まえどのようになっていきたいのか)

→商品決定(施術内容や・今後の方針を踏まえて個人に適した商品を決定)

日ごろお客様が求める時にはこのことをイチ美容師として深く考え実践しています。

次にシャンプーが切れたときふと思い出してみよう

 

きょーへーさんがシャンプーやらについてなんか言ってたぞ。

 

と。

 

きっとなんかあるはず。

 

alnicoTOKYO

03-5772-3528

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

Please wait...